バイクを買い換えるぞ〜!管理人Naruoのバイク歴


「もう、疲れたよ〜。」
二人乗りのお出かけで、後部座席に乗る嫁さんがボヤキます。

バイクは、ふるーいVESPAの125cc。



決して早いとはいえないけれど、二人乗りで75km/hは出るし、
国道2号線や43号線でも流れを邪魔せずに走ることができました。

でも、年代物の2スト、音と振動はいかんせん激しいです。
ちょいのりならまだしも、1時間も乗ると相当疲れます。

私たちは、結婚前から、こいつに乗っていろんなところに行きました。
六甲山も上ったし、有馬温泉にも行った、香川県に讃岐うどんを食べにも行ったし・・・。

結婚してからも、日々の買い物やご飯を食べに行くのに大活躍。
居なくては成らない、家族の一員の様な存在でした。

しかし、こいつの産まれは何と1984年製!!
阪神の前々回の優勝より前だ。おじいちゃんなんだなぁ・・・。
もう、若くない私たちには、この振動と騒音が体に堪える様になりました。

最近は二種スクーターも4ストになっていて、静かになっているようだし・・・。
嫁さんに相談したところ、「買っちゃおう!」の一言で決心。
そして、ついに手放す事に。
最後はお疲れさんと感謝の気持ちを込めて、ピッカピカにしてあげました。

それから、約3週間、毎日ネットとにらめっこで車種検討の日々が続く・・・。
その過程が面白いんですけどね。
こうして得た情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。


ちなみに、管理人Naruoの大学生からの車歴です。
Yamaha Jog 
中古で5万円で購入。

京都の町で、1年ほどバイトに通学に大活躍でした。

Suzuki Intruder400
原付でバイクの楽しさを知り、中免を取り、約10年前に、新車で購入。
バイトで稼いだ60万円で買ったので、大切に乗りました。


これで北海道にも、九州にも行きました。
この頃は、まだスティードかイントルーダーかビラーゴしか選択肢がありませんでした。
その後、太くて低い、Vツインマグナや、ドラッグスター、バルカンなどが続々と発売。
しかし、細身のフォルムと綺麗な塗装・上質なクロムメッキが気に入っていました。
アップハンドルのおかげで、より大きく見えるため、
よく信号待ちでおじさんに声を掛けられたものです。
車体の剛性はイマイチで、高速で車線変更をすれば車体がしなるのが分かりました。
6年くらい乗ったあと、弟に譲って現在も活躍しています。

Suzuki Intruder VS1400
イントルーダにはまった私は、大型免許を取得し、中古のイントルーダー1400を購入。


これは、もう、400とは別物です。兄弟車とはいえないです。
少しスロットルを多めに開けようものなら、数秒であっという間に100km/hです。
このスタイル、エンジン(前空冷、後ろ油冷)といったら、素晴らしい。
国産でハーレーの模造品の様な物もたくさん出ていますが、
これだけオリジナリティーを持ったアメリカンは無いと思います。
(Vmaxもアメリカンのカテゴリーに入れるとすれば、オリジナリティーがありますけど)
横にハーレーが並んでも、卑屈にならなくてすむ、国産アメリカンでした。
社会人になり、遠出する時間もなくなったので、
リセールバリューのあるうちに売却しました。

Honda Spacy100
このページの主題である、スペイシー100です。悩んだ末、新色の青にしました。
これについては、これから詳しくお話していきます。

さて、次に管理人Naruoが興味を示した原付2種について少しお話を・・・

次へ

▲Page Top



この改行は必要→
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー